未分類

カラミざかり ネタばれ 第二話

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

第二話

 

高成と高志は普通の高校生だ。

学校の廊下で高志が高成にオ●ホを購入した自慢話をしていると、

女友達、新山と飯田が話かけてきた。

高成は飯田を見ると顔を真っ赤に染めた。

昨日、飯田里穂をAV女優にすり合わせて一人妄想して

発情していたからだ。

高成は片思いの気持ちを飯田にバレないように、当たり障りのない

会話でその場を乗り切る。

ドキドキしながら。

学校が終わり、高成と高志は部活の話・夏休みに

何をするかの話をしながら帰っていた。

その時、後ろから新山と飯田が声をかけてきた。

なんと、新山は今朝、高成と高志が話していた、オ●ホに興味深々

で実物を見せて欲しいと頼んできたのだwww

学校での会話を実は聞いていた新山と飯田だった。

ピュアで何も知らない、興味津々な高校生の男女である。。。

新山にお願いされても高志は勿論NOだ。恥ずかしいのである。

まだ何も知らないピュナな高校生なのだから。

どうしても絶対見たい新山。

そうしても絶対見せたくない高志。

攻防戦は繰り広げられたが、軍配は新山にあがる。

子供も大人も口喧嘩は女強しなのである。

渋々承諾した高志は、男女四人で高志の家に向かう。

新山は高志の部屋に入るなりさっそくお願いする。

オ●ホを見せて欲しいと・・・

ここまで来たら高志は素直に出すしかない。

机の中から新品のオ●ホを取り出し新山へと手渡す。

高志から受け取る新山は、本物のオ●ホを見て触って大興奮!!

オ●ホの存在は知っている、今日初めて触った、オ●ホを見て触っても実際の

使っているところは見たことがない。

そこで新山はちょっと照れながら高志にお願いをしてみる。

今ここで使って見せてと。。。

高校生の完全なるノリであるww

高志は最初は嫌がりながらもこのノリに合わせる、そこで頭の中はエロいことで

いっぱいな高志はそこで交換条件で新山にお願いしてみる。

お●ん●んを出して、オ●ホをここで使ってやるから新山は俺を勃起

させろと・・・

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

勃起しなければオ●ホは使えないと・・・

まー、興味津々の高校生はここまで来たら止まらない。

新山はパンツを見せる事を承諾する。

高志の注文はエスカレートしていくww

俺の生でお●ん●んを見せるんだから新山も生のオ●ンコを見せて欲しいと、

これでお互い恥ずかしさは同じになるはずだ。

興奮している男女はもう何でもありだwww

ここまで来たら新山も全然止まらない。

顔を赤らめながら高志の要望を承諾し、

恥じらいながら片手でスカートを捲りあげて

可愛い小さなパンツを高志に見せる。

そこからそっと指でパンツを横をずらすと、中から新山の陰部が見えた。

初めて見る情勢の蜜壺に大興奮の高志。。。

 

つづく。

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用